読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとなぎのブログ

さとなぎの日常ブログ。ガジェット系が大好きです。

岐阜は郡上市に鍾乳洞を観に行って来ました

8月29日月曜日、夏休みという特権を存分に発揮して平日に日帰り鍾乳洞旅行に行ってきました。台風の接近でずっと天気を心配していたのですが、幸い風も無く、雨に振られることもなく、少し曇っていたお陰で気温も暑くなりすぎず、鍾乳洞なのでカメラの写りも天気に左右されること無く、とても良い小旅行となりました。

三脚も無く、暗い鍾乳洞の中で手持ち撮影で、まだまだカメラの扱いにも慣れてないので拙い写真ですが、撮ってきた写真とともに鍾乳洞の魅力を、伝えようと思います。

アクセス

今回は、岐阜県郡上市の鍾乳洞、美山鍾乳洞と郡上鍾乳洞(旧油石洞)の2つの鍾乳洞に行ってきました。名古屋から電車とバスを乗り継いで行ってきました。

名古屋からだと、JR特急ワイドビューひだと長良川鉄道を乗り継いで郡上八幡駅まで片道3,670円、約2時間。郡上八幡駅から路線バスを使って約20分ぐらいで美山鍾乳洞最寄りのバス停まで、バス停から2km、徒歩約30分程で行くことができます。

ただ、この八幡観光の路線バス和良線の運行が、平日は1日7本、1時間半間隔。休日に至っては1日3本しか運行されていないので、美山鍾乳洞も郡上鍾乳洞も駐車場があるので現実的に考えて車で行くのが一番良さそうです。

f:id:satonagive:20160830160835j:plain

郡上鍾乳洞

郡上鍾乳洞は後の美山鍾乳洞の半分ぐらいの大きさながらも、鍾乳洞内に地底湖がいくつもあり、通路の脇に透き通った水が流れているのが特徴的でした。写真を撮りながら大体40分ぐらい。

水が流れているためか鍾乳洞内の気温も美山鍾乳洞内よりも低く、真夏で外の気温が30度超えているにもかかわらず鍾乳洞内は12度と、半袖で涼しい格好をしていたので、鳥肌が立つほど寒かったです。何か上に羽織る物を持っていけばよかったですね。。。

 f:id:satonagive:20160830163742j:plain

結構狭めの入り口。中も多々狭い箇所があり、頭上注意というよりも前方注意といった感じでした。

f:id:satonagive:20160830163359j:plain

右下に水が流れていて、通路は水で濡れてたりゴツゴツしていたり。

f:id:satonagive:20160830163524j:plain

結構大きな地底湖。実際に見るともっと青い色をしていました。

f:id:satonagive:20160830163154j:plain

両脇に水が流れていて、神秘的なライトアップがされていました。

 

アクセスや営業時間、入園料などは以下をどうぞ

gifu-net.com

美山鍾乳洞

 美山鍾乳洞は郡上鍾乳洞よりも全長が長くて大きいのですが、天井が高く広い空間があったかと思えば、リュックを背負っていては通れないような狭い場所もあったりと水は流れていないのですが楽しい鍾乳洞でした。写真を撮りながら大体小一時間ぐらい。

ただ、コウモリが結構いて歩いてるとたまに顔面めがけて突っ込んでくるので注意が必要だったりします。(笑)

f:id:satonagive:20160830163925j:plain

美山鍾乳洞の入り口は結構大きくて扉も付けてあって結構人工的。

f:id:satonagive:20160830162350j:plain

結構広い空間。

f:id:satonagive:20160830162624j:plain

結構広い空間。

f:id:satonagive:20160830162509j:plain

郡上鍾乳洞と違って結構階段や登り降りが多かった。

 

f:id:satonagive:20160830162743j:plain

この色合い好き。

f:id:satonagive:20160830162907j:plain

結構広い空間。

f:id:satonagive:20160830163038j:plain

この写真もディズニーっぽくて神秘的でめっちゃ好き。

f:id:satonagive:20160830164049j:plain

天井も高く広い空間。今回撮った写真の中で一番好き。

 

アクセスや営業時間、入園料などは以下をどうぞ

www.miyama-gujo.jp

 

総評・まとめ

人生で始めての鍾乳洞だったのですが、神秘的で透き通ったエメラルドグリーン色の地底湖。ゴツゴツした岩肌の通路。ディズニーシーのインディージョーンズや、センターオブジアースの待ち列でありそうな、出てきそうな雰囲気で男心くすぐられる空間でした。久しぶりに被写体が多く、カメラもフル稼働して楽しかったです。

車で無いと結構不便な場所にあるのですが、平日だったためか他に観光客が1組、2組ぐらいしかおらず、結構中で自由に写真を撮れるのも、静かな空間で水の滴る音や流れる音が聞こえるのも最高でした。立地もあってかもしかしたら結構穴場な鍾乳洞なのかもしれません。

ただ、公共交通機関で頑張って行かれる場合は郡上八幡駅も美山鍾乳洞も郡上鍾乳洞も近くに食べるところが無いので、予めお昼ごはんを買っておくなりしたほうが良さそうです。

通路も水で濡れていたりゴツゴツしていたり、階段の幅が狭かったりするので、靴もヒールなどのかかとの高い靴ではなくて、履きなれて歩きやすいスニーカーなどをオススメします。

以上、家から片道3時間半かかる結構遠目の日帰り旅行だったのですが、人生初の鍾乳洞で神秘的な写真が沢山撮れ、暗い空間で夜景に強いSONYのミラーレスが大活躍し、郡上鍾乳洞から美山鍾乳洞までの移動や、美山鍾乳洞から郡上八幡駅までの移動でバス停で1時間後のバスを待ってると地元の人が2回も「どこまで行くん?後ろ乗ってく?」と送ってくださったり、郡上市、地元の人がとても優しく、この土地に住む人ならではの鍾乳洞のお話もお聞きでき、思い出に残る旅行となりました。

皆さんも是非、郡上の鍾乳洞行ってみてはいかがですか?

docomoにSIMカードを返却してきました

先日、メインで使っていた携帯の契約をdocomoからmineoへMNPしました。

engester.net

 

今まで使用していたSIMカードはMNP予約番号をdocomoのサイトから発行した時にも記載してあった通り、SIMカードの所有権がdocomoにあり一時的に貸し出しという名目で私達は持っているので、最寄りのdocomoショップへ返却する必要があります。

 Googleで検索してみると、返却しなくても催促やペナルティーが課せられるなどといったことはdocomoさんでは無いのですが、いえいえ、返却しましょう。

借りた物はきちんと返しましょう。借りパクはダメですよ。

ということで、丁度家から近く、寄り易い場所にdocomoショップがあったので、SIMカードだけを握り締めて返却してきました。

 受付の整理券を配布しているお姉さんにSIMカードの返却の旨を伝えると「は?」みたいな変な顔をされたのですが、奥のカウンターにいるお姉さんに引き継がれると、しっかり、「SIMは使えなくなりますが、解約済みですよね?もう使えないSIMですよね?」と確認されたうえで、契約者の個人情報の確認なども一切なしに、ハサミで目の前で真っ二つに切られるという思ってた以上に淡々と終わりました。

(契約者じゃなくても契約中であってもdocomoのSIMなら真っ二つに切ってくれそう。。。)

返却する必要があるとのことだったので、中のチップを再利用したりするのかなと思っていたのですが、破棄されるだけだったんですね。どうりで返却しなくても特に何も無いわけです。

 

mineo、使い始めて2ヶ月目になるのですが、いいですね~。これ。思ってたよりも快適でいいですね~。これで、1/4の値段で契約できるのいいですね~。

夏休みが暇で暇で仕方がない

人生最後の夏休み。

8月10日に夏休みに入り、もうすぐ2週間が経とうとしています。

9月一杯休みなので課題も無い自由で贅沢な時間がまだまだ一ヶ月以上続きます。

 

 

なのですが、、、

 

タイトルにもある通り、暇で暇で仕方がない。。。

もう、一般の小・中学生と同じように9月から学校でも問題ないぐらいに暇です。

 

 

もう、なんなんやこいつと。

贅沢な悩みだと思われると思うかもしれませんが私もそう思います。来年就職して働き始めたら、去年の私は何を馬鹿なこと言ってたんやと。

夏休みが欲しくなると思います。

 

 

そもそもなんでそんなに暇なのか。

※(いらいらしそうなので、飛ばして下さい。)

  1. 暑い&車も無いので家から出たくない。
  2. 卒業・進路も安泰で特に勉強をしなければってこともない。
  3. 去年ぐらいからゲームに打ち込めなくなって、昼間っからネトゲもない。
  4. とにかくお金がない。青春18切符で旅にも出られない。
  5. 来年から強制的に働くことになるので、今は働きたくない。
  6. 「◯◯がしたい!」と違って、「ブログ書かなきゃ」「積んでる本読まなきゃ」と「◯◯しないと」はやってても作業感があって楽しくない。
  7.  ダラダラ動画みたりテレビみたりするのは、一日の終わりに「今日は何もしなかった。」と虚無感に襲われるので、楽しい行為というよりはタダの暇つぶし。。。

 

 

部活もない、課題もない、お金もない、時間だけがある夏休みって皆さんどのように過ごされているのでしょうか。

 

取り敢えず今は、「学生の間じゃないとできないこと」「時間がないとできないこと」ということで、普段全く勉強しない私が、英語の勉強をして過ごしております。(あと、こうやってブログ書いたり)

 

 

全くお金が無い・充実していないわけではなくて、来月には友達と「初音ミクのライブ」「ClariSのライブ」に行く予定があるのですが、これのお陰で今お金がないのです。充実した4日間のために今が。。。

 

 

ということで!

皆さんに夏休みがあったらやりたいことはなんですか??

代わりに私がやっておきますので、コメント欄に是非お書き下さい。

やらなきゃ!じゃなくて、やりたい!事お願いします。

 

 

P.S. 海外のニュース記事が読めるようになっていく英語の勉強も悪く無いですね。

私とパソコン その2

先日、「私とパソコン」というタイトルで私が小学生の頃からどのようなパソコンをどのような用途で使用してきたのかエントリを書いたのですが、今回はその続きとして、今までの経験を踏まえた上でこれからお子さんにどのようにパソコンを買い与えたらよいか悩んでいる親御さん向けにエントリを書いていきたいと思います。

satonagive.hatenablog.com

 

パソコンとスマホ・タブレットの違い

最近ではiPad Proがスマートキーボードを装着することでパソコンが必要無くなるのでは無いか?パソコンの代替になるのでは?と騒がれました。

パソコンもタブレットも同じようにインターネットで調べ物が出来たり、ExcelやWordを用いて書類作成が可能だったり、プロジェクターと接続してPowerPointでプレゼンが出来たり、はてなブログなんかもタブレットだけで完結できてしまいます。

がしかし、「Apple iPad Pro  パソコン 代わりになる」などの単語でGoogle検索をしてみると、多くのサイトで「難しいのではないか」という結論に至っていると思います。

では、どうしてでしょうか。色々調べると語られていますが、今回はお子さんに教育用として買い与えるということを考慮して、以下の2点ぐらいで理由付けしておこうと思います。

  1. 調べ物や動画鑑賞、読書などの受動的なことは得意でも、サイト製作、動画製作、Wordなどを用いての書類作成、子どもに習わせたい習い事ランキング8位になったプログラミングなど、能動的な作業は出来ない又は不向きである。
  2. 会社で業務用として用いられているのはもっぱらWindowsであり、ドラッグアンドドロップの概念やフォルダの概念などタブレットには無い概念がパソコンにはあること。

 

ですが、パソコンには無い、スマホ・タブレットの優れた点もあります

  1. 調べ物などの受動的な作業は、電源の立ち上げの動作も素早く行え、誰でも手軽にウイルス感染などの心配も少なく行なうことができる。
  2. 今の社会で携帯電話が無いのは考えれず、それは中学生でも同じです(最近では小学生にまで)。なのでパソコンだけでは完結できずスマートフォンも持たせる必要もあり、本当はスマホだけで完結するのが一番嬉しい。

 

と、以上のパソコン、スマホ・タブレットの長所と短所を抑えた上で本題に入って行きたいと思います。

小学校

 小学生の頃の私は、パソコンを用いてネットゲームしかしておらずネットゲームのお陰でキーボードのローマ字入力やブラウザの使い方などは学びましたが、要は小学生の私から見ると、「パソコン=ゲーム機」です。なので、まだ大丈夫です。お子さんにはゲーム機かスマートフォンを買い与えましょう(笑)

中学校

中学校ではパソコン演習室でパソコンを使った授業があり、パソコンの立ち上げ方から始まり、キーボード入力の小テストなどがあったりしましたが、家に持ち帰って宿題であったり今まで触ってないと困るような難しいことはありませんでした。(ここのキーボードの入力のテストで私はクラスの中でも飛び抜けてえげつない点数を叩き出しましたが、自慢ぐらいにしかなりません。)

ここで私は進学先の高校や、将来なりたい職業に就くためにはどのような進路を進めばよいのかなどを調べることを名目に親にパソコンを買って頂きました。3万円前後のノートパソコンだったと思います。

が、上で述べたように調べ物であればスマートフォンでも十分だと思います。心配であれば、家族共用のパソコンなどがあれば完璧と思われます(思春期の男の子でしたら、履歴があああだったり、10万円の請求に悩まされることもあるかもしれません。誰でも一度はあるので早い内に経験しておきましょう。大きくなってからだと払える金額を持っていたり、SNSでの拡散など洒落にならない恥を負う可能性も無きにしもあらずです)。

高校

私の場合はこの時点で「工業高等専門学校」という大学工学部のような既に製作側に回る準備をし始めるような学校に進学したので、毎週のレポートやプログラミングの授業、学生用の学校サイトの利用などパソコンが真価を発揮したので、必要不可欠な存在でしたが、地元の高校に通っていた妹を見ると、やっぱり、家族共用のパソコン、自分の将来を調べられるスマートフォンなどがあれば問題ないと思います。

ただ、映像系の専門学校や商業系の高校で就職の進路を考えている場合などは、会計ソフトを使ったりする授業などあったり、社会に出てすぐにパソコンに触れると思うので一台あるといいんじゃないでしょうか。

大学

買いましょう。入学祝いに買いましょう。

今で言うとOffice付きのi5、RAM8GB、SSD256GB、10万円前後のノートパソコンが一台あれば卒論も書け、レポートも書け、プログラミングもでき、学部卒業まではストレス無く学生生活を送れることでしょう(現役学生から、「高級過ぎる。買い与えてもらえなかった」など批判が飛んできそうですが、子どもを手厚く育てるなら。。。)。

Linuxが入ったパソコンが欲しかったり、ゲームがしたいので高いパソコンが欲しかった場合は、もう大学生なのでバイトでもして自分で買えばいいんじゃないでしょうか。

まとめ

今日、スマートフォンがあれば大抵のことは済んじゃいますね。スマートフォン便利ですね。

ただ、やっぱり会社では絶対にパソコンが無くなることは無いですし、フォルダやシャットダウン、再起動の概念、迷惑メールからのウィルス感染を自ら危ないと察知し回避できるような人材を育成しようと思うと小さい頃からパソコンに慣れ親しんでおく必要もあるかもしれません。

※パソコンが無くならないと思えるような興味深い記事

hbol.jp

http://misoshirudon.com/index.php/2016/05/23/post-492/?ckattempt=1

 

最近、某番組で貧困なのでパソコンが買えず……なんてニュースがありましたが、

f:id:satonagive:20160819234814p:plain

kakaku.com

女子高生が必ず持ってるようなiPhone6sの方が高いんですよね。。。

 

結局は、必要か必要じゃないかを考えてしまうと「お金に余裕があれば……」「進学する高校次第」という結論になってしまうのですが、もし、家族共用のパソコンも……とのことであれば、一台あっても無駄にはならないんじゃないでしょうか?

以上、あまり、良いパソコンを買い与えて貰えず、高専2年次、3年次にバイト代とお年玉とで自腹でパソコンを購入し、来世はきっと優しいお父さんが……と夢見るさとなぎでした。

 

iPad mini 4が壊れたので修理しました。

一ヶ月ほど前のお話になってしまうのですが、いつものようにiPad miniでゲームをしていたら突然iPadが壊れてしまいました。こんな感じに。

f:id:satonagive:20160816102419j:plain

症状

電源を入れると最初数分はいつも通り普通に使えるけど、突然上記画像のような画面になり、ゲームのBGMなどは再生され続けているが、これ以上画面が動かなくなる形で壊れてしまいました。線の色や幅はその時々でいろいろ。

再起動

取り敢えずいろいろネットで調べてみても私と同じ症状の人がいなくて、ソフトウェア面での故障は電源ボタンとホームボタンをリンゴマークが画面に出るまで長押しして再起動すると大抵直るとのことだったので長押し。

が、リンゴマークが出ない。5分間押してても10分間押してても出ない。

仕方がないので2時間ぐらい放置してから再起動を試みるとやっと再起動できていつものホーム画面に。

が、また数分後に縦線が出るの繰り返し。

修理

iPad mini 4を購入したのが去年の年末だったので、一年間の製品保証内で修理できればいいなあと思い、Apple サポートより症状などを記入しつつ発想修理を申し込みました。

getsupport.apple.com

7月23日㈯に修理申し込みをしその日中にメールが来て、製品保証内で無償修理となり、宅配がiPadを家に取りに来るとのことで、都合の良い26日㈫の夜を選択。

Appleに送るものはiPad本体のみでデータが消えてしまうということだったけど、画面も見れないしデータも救出できないし、もっぱら動画見たりブラウジングに使ったりで大切なデータもなかったので、そのまま。ガラスフィルムが貼ってあったけど剥がすのも大変だったのでそのまま郵送しました。(貼ってあっても、帰ってこなくなるだけだったみたいなので。。。ごめんなさいAppleさん)

28日㈭に受け取りのメールが来て、その日中に新古品交換となり発送。申し込みから約一週間後の29日㈮には新古品が家に届きました。

最近のAppleさんの修理は、修理じゃなくて新古品交換となるのでしょうか?

何はともあれ、少し本体に入ってた傷も劣化してきていたバッテリーも新品になり嬉しい限りです。

 

私とパソコン

お盆に親戚で集まった時におじさんから、「パソコンにはいつ頃から触れ始めた?Officeはどれぐらい扱える?」と質問されました。

私は、かなり早い段階からパソコンに触れ始め、今では週に一度学校のレポートでExcel, Wordを使いこなしていたり1万点以上のデータの処理を行ったり、Windows, Mac, Linuxのパソコンを所有していたりと、少し参考にならない部分があるかとは思いますが、これから、小学校、中学校、高校に上がるお子さんをお持ちのお父さん、お母さん向けに、いつから自分のパソコンがあるといいのか少し整理しながら書いていきたいと思います。

初めての出会い

私が初めてパソコンに出会ったのは小学校2年生の時でした。親から買い与えてもらったというよりは古いパソコンに私のユーザーを作成してくれたという形でした。

OSはWindows98で起動にも2分以上かかるようなパソコンでした。「The Tower 1.3」という高層ビル経営シミュレーションゲームで遊んでいてパソコンというよりはゲームだったと思います。

この時はまだ、

パソコンの起動→ゲーム立ち上げ→シャットダウン

ぐらいの動作しかできませんでした。

ネトゲとの出会い

小学校4年生の時に今でもサービスが提供されている「RED STONE」というMMORPGがリリースされ、ここから中学生になるまで、ローマ字入力を覚えたり攻略方法や情報をブラウザを用いて調べるなど徐々にパソコンが使えるようになっていったと思います。

まともなパソコン

今まではパソコンというよりはゲーム機で、フォルダ管理や新しくソフトのインストールといったことはまったくしてこなかったのですが、中学3年生の時に、「進学する高校のことを沢山調べれるように」と某顧客満足度最低の日本メーカーのCeleron、Office付きWindows7ノートパソコンを与えられました。

これは、高専1年の終わりまで、授業で使用したプログラミングソフトをインストールしたり遠くの友達とSkypeしたりそこそこ頑張ってもらいました。(ウイルスバスターのインターネット利用制限が厳しすぎてYoutubeすら見れない厳しい環境だったけど)

初のパソコン購入

高専2年に上がる時に、知り合いの方から格安で自作PCを譲って頂き、スペックもi3、RAM8GB、SSD、グラボも3画面出力対応のRadeon HD6850が載って、BF4、PSO2、Warld of Warships、Minecraft、FF14、なんでもそこそこ動く、軽作業ならSSDで立ち上げも早くRAMも前ノートパソコンの8倍とOffice使用も快適な環境になりました。

WindowsとOffice、キーボード、マウス、ディスプレイは自分で買いました。

今までは子ユーザーという形でソフトのインストールが制限されていたりとありましたが、親ユーザーになり高専2年生、一般的には高校2年生の時に制限の無い自由なパソコンが手に入りました。(自分で買いました。)

この後、ボイチャを使用したネットゲームにドハマリし、成績が落ちつつも、自作PC、プログラミング、Office作業、格安SIMなどの不思議な知識が入り、学校で一目置かれる存在にまではなっていないものの、あいつはパソコンに強いからパソコン欲しかったり壊れたらあいつに頼れ、という存在にまではなれました。

Mac & Linux

高専3年の時に、学校に持っていくノートパソコンが欲しいと思い冬休みにバイトしてお年玉と合わせてMacBookAirを買いました。特にMacが欲しかったとか理由はなく、i5, RAM8GB, SSD, 13inchi, 1.3kgというスペックを持ちつつ10万円ちょっとで買える安さだったのでMacを買いました。

Linuxは、秋葉原に遊びに行った時に、全く同じジャンクのThinkPadを2台購入し、壊れてるところを補いつつ1台のノートパソコンとして復活させました。

ボロボロの低スペックPCにWindowswを入れるほどお金もなかったので、Linuxの中では初心者でも使いやすいと言われているUbuntuをインストールし、MacBookAirを購入するまでの間外に持ち出し使っていました。

現状

今は、高専2年次に譲っていただいた自作Windowsパソコン(Office入り)を電源を買い直したりSSDを買い直したりしながらもゲーミングメインパソコンとして使用しています。Ubuntuが入っていたThinkPadは後輩にタダで譲るも、先輩からデスクトップパソコンを頂いたのでちょっと玄人向けのArchLinuxをインストールし遊んでいます。

まとめ

と、少し自分語りが長くなってしまったので、次回「私とパソコン その2」と称して、私の今までの使用を踏まえた上で、子どもにはどのようなパソコンをいつの段階で用意すれば良いかを持論ですが書ければと思います。

 

次……

satonagive.hatenablog.com

 

はてなブログProにしてみました

お久しぶりです。さとなぎです。

実に5月9日ぶりの記事となってしまいました。とても忙しい3ヶ月間でした。

5月から忙しくなって7月あたりで一段落するも、7月から今まで卒業必要単位がかかってくる定期テストに追われていたと言えば。。。勘のいいガキは嫌いだよ。(また、そんな感じのエントリも書けたらと思います。)

さて、今回ブログ更新を再開するにあたりProプランを1ヶ月分だけ契約してみたので、少し私の心情の変化を書ければと思います。

記事まったく更新していなかったのにPro?

理由は2つ

1. 意外とアクセスがある

3ヶ月間、全く更新していなかったブログ、全盛期に比べると半分以下のアクセスですが、それでも有料プランに移行して広告収入とトントンになるぐらいのアクセスがありました。

それに加え、今までは無料プランで利用していたので、PC版の表示のみに広告を1箇所だけ貼っていたのですが、それでも喫茶店で珈琲ぐらいの収入はありました。

よって、これから記事をしっかり書いて、広告を貼れば割りと馬鹿に出来ない収入が得られるかと期待してProにしてみました。(最悪書かなくてもトントンですし)

今回は1ヶ月分だけの課金ですが上手く行けば2年契約も良いかなと思います。

2. 背水の陣

せっかくの長期休暇、家で何もしないよりはブログを書いた方が楽しいけど、ブログを書くにも毎回エネルギーが必要だから少しでも背中を押してくれる存在になればと思い、夏季休暇の間だけ、ちょっと高いですが1ヶ月分だけProプランに入ってみました。

心機一転

あまりにもブログを書く期間が空いてしまって目次を入れる方法も忘れてしまっていたし、今までのデザインはごちゃごちゃしていたので、はてなブログProにして記事内に広告を追加するタイミングでブログテーマもCSSも一新してみました。

これからしばらくは頻繁に記事も更新していけると思うので、今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

以上、久しぶり過ぎて1,000文字にも満たず画像も無い記事に2時間かかったさとなぎでした。