読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとなぎのブログ

さとなぎの日常ブログ。ガジェット系が大好きです。

HATSUNE MIKU EXPO 名古屋ライブに行ってきました

お久しぶりです。さとなぎです。

凄くお久しぶりです。

ごめんなさいorz

春休みに入ってすることが無いと何も出来ない体になっちゃいましてorz

課題やらテストやらに追われて忙しいながらもその日やる予定を立てて一生懸命消化に追われてる時が一番ブログ記事が書けますよね。。。

でも今回は、凄く書く意欲が出る一日だったので日記といいますか、感想を書いていきたいと思います。

 

3月31日。もう一週間前のことですが人生で二回目のライブに行ってきました。

 

3月31日。

 

東京ドームで行われた某ライブじゃないんですよorz

タイトルにも書いてある通り、HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan TourZepp Nagoyaで行われたお昼のライブに行ってきました。

(´-`).。oO(東京ドームの方は、BD最速選考、HP最速選考、一般販売、機材席・見切り席解放全て落ち、LVは31日だけ地元が当たったのですが既にMIKU EXPOと被り手放してしまいました。。。)

 

 

ライブ物販

大阪公演の物販開始が11時からという情報を参加した知り合いから入手していたので、知り合いにオススメされるがままに9時半に名古屋に行き、列に。。。

待機列、100mぐらい?でスマホで物販見ながら何買おうか悩んでたら列が動き出したので名古屋の物販開始は10時からでした。

1時間半悩めると思ってたら30分しか時間が無かったので十分に考える暇も無かったのですが、最終的にはライブということで財布の紐もゆるゆるで(といってもそこまで)

 

mikuexpo.com

・フルグラフィックT-shirt 5,500円

・6colorペンライト 2本 3,000円 × 2 = 6,000円

 

最後の最後まで悩んだのが5,500円とTシャツにしてはちょっとお高めなフルグラフィックTシャツを買うか、妥協して「HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan Tour」の3,000円のお財布に優しいライブTシャツを買うか。

ラブライブでもアイドルマスターでもケミカルライトは複数持ちでしょ!か、学生の分際で贅沢は出来ないので我慢して1本にするか悩みに悩みました。

映画を見たらパンフレットを買うというのもライブでも適応して公式パンフレットを購入するか。

最終的に、部屋の壁にハンガーにかけて飾っておきたいと思った私的にはデザインの好きだったフルグラフィックTシャツ。やっぱり緑色のケミカルライトを振るならネギにしなきゃ!ということで奮発して2本。ただ、その反面パンフレットは今回は購入に至らなかったのですが、やっぱり買っておけばよかったですね。。。

名古屋のアニメイトのMIKU EXPO企画展会場はもう終わっちゃったので手に入るとしたら東京まで行かないと……orz

公式パンフレットが欲しいと思う良きライブでした。

 

 

ライブ

当日何も知らないまま曲がかかるのを楽しみにしていらっしゃる方も沢山いると思うので、私は載せないですが、初音ミクさん一曲変更しようと思うと相当な準備が必要なのでまぁ、まぁ、ですよね。察して下さい。

 

(※ちなみに、以下は始めて初音ミクのライブに行くにあたって全く知らなくて盛り上がれなかったらどうしようと思った私が参考程度に見ていた福岡公演について書かれているサイトです。参考にしたい方だけどうぞ。)

sinario19.com

 

 

 

ライブの感想

人生で初めてのライブ会場でのライブ、凄かった。(小並感)

 

 

グッズが予定よりも早い11時に買えてしまって、近くで昼食を取る時間も含めても2時間も時間があったのですが、アドレナリンが出まくりで、半袖のライブTシャツに着替えてても寒くなくZepp Nagoyaに入る前からライブが凄かった。

 

 

発券したチケットがCの600番台だったので、1,200人入る会場の最後の最後に入る形で後ろの入り口入ってすぐのお世辞にもいい席とは言えない場所だったのですが、1,200人も入るのに会場が狭い!!!ライブ会場超狭い!!!人生初ライブの花澤香菜さんのライブがキャパ300人の凄く小さいホールだったので1,200人入るというと市立の文化会館ぐらいの大きさをイメージしてたのですが、300人のホールと同じぐらい小さいじゃないですか。1階はスタンディングで天井の高さ、横幅は結構あるのですが1,200人も入ってるの?と思えるほどライブ会場って小さいんですね。初音ミクも階段上になっているお陰で、後ろの後ろの席でも普通に見えて大満足のライブとなりました。

 

 

ライブと言えば一番重要なのが音ではないでしょうか?エンジニアの卵ということで初音ミクの投影を実現している機材・その場雰囲気に応じて様々な効果演出を生み出す照明機材・体が震えるほどの音を司る音響機材も見所があって初音ミクよりも照明機材の動きを見ている時間の方が長かった気もしますが、

やっぱり生バンド。多目的ホールなどと違ってライブの為だけに作られた施設にそれ用に設置されたスピーカー。体が震えるほどの大音量、低音だけど鞄を移動させようとかがむと途端に閉鎖空間に入ったと思うぐらい音量が小さくなるほどのスピーカーから出る音の指向性。初音ミクのような打ち込み音源があるからならではなのか、生の楽器では出せないような低音が出た部分は凄く興奮しました。

どんだけ良いスピーカーを買ったとしても、家でこの音量は絶対出せないですよね。お金を払って現地まで行くライブならではです。

 

 

どの曲もキャラに合わせてケミカルライトの色を変えて、リズムにノッてケミカルライト振って。時には大声でコールを入れて、ジャンプもして、ライブが終わった最後には会場にいた皆で定番の三三七拍子をして締めて。こういうライブは初めてだったので腕も疲れて喉も痛めましたがライブならでは、ライブBDではなく現地ならではが沢山あってとても大満足の7,000円(チケット代)でした。

 

まとめ

まだ書きたい。私が初音ミクのライブに行こうと思った理由とかどれぐらい初音ミクを知っていた・今回のセットリストはどれぐらい知っていたかとか、初めてライブに参加する人間がどれぐらいの準備をして何を持って行ったかなど沢山書きたいのですが、今回はこの辺にして、また書こうと思った時に別の記事で書こうかなと思います。

 

3月30日が花澤香菜のフォトブックの発売日だったので、名古屋のアニメイトで初音ミクの企画展を見た後購入して帰りました。

 

交通費・食費・チケット代・物販代・フォトブック代合わせて2万円ぐらいで、学生でこの出費は痛いです。。。

 

ライブから一週間経っても鮮明に記憶に残って、楽しかったなぁ。。。と寂しくなるようなライブでした。

 

今週土日。東京ライブの方、楽しんできてください!!!

広告を非表示にする